ビジネス書の魅力

"自分で言うのもなんですが、私は読書家です。
これまでに大量の本を読んできました。
読書好きの人には多いのですが、基本的にどんな本でも読みます。
嫌いなジャンルの本などありません。
しかしたとえば十代や二十代には小説を多く読んでいた、など年代によって偏りは少しあります。
ビジネス書に関しては、30代以降たくさん読むようになりました。
ビジネス書の魅力は、題名を見れば中身の見当がつくことでしょう。
「上手に上司を操る方法」という題名なのに、高校生の恋愛のことが書かれているなんてことはありえません。
これは読書の醍醐味に欠ける反面、大ハズレがなく、興味があるテーマについて確実に読めるメリットがあります。
題名に興味がもてれば、だいたいは楽しい読書ができます。
意味不明なんていうのも少なく、簡潔にわかりやすく書かれていることが一般的です。
中には専門的で難解なものもありますが、そういう本は一冊読み解けばとてもためになる本が多いですし、チャレンジするのも楽しいものです。"

良いサイトですよ♪