グローバルな展開をするには必要

"英語は国際的な公用語なので、企業戦略としてグローバル展開をするためにはコニュニケーションの方法として必要だと思います。
グローバル展開をする国の言語が英語であれば、コニュニケーションは必然的に英語になります。
日本語で上から言っても、どんな事業であれ失敗に終わる可能性が高いと思います。
そのため、将来的にどの国に展開するかは別にして、社内公用語を英語にして迅速なグローバル展開に備えるのは有りだと思います。
しかし、社内公用語が英語にするということは、英語を話せない者は仕事をする土台に立てないことになります。
日本語を話せない外国人が日本で仕事をしようとしているのと同じ状態です。
入社条件として、初めから英語が必須になるということが明確になっていたなら良いですが、後だしで英語を社内公用語にするのは良くないと思います。
日本語しか出来ない優秀な人材を見捨てるつもりなら良いでしょうが、会社として人材を大事にするのであれば、後だしの英語の社内公用語には十分な配慮が必要だと思います。

良いサイトですよ♪