暗記をする時は…

"暗記が必須な教科の勉強は、
必ず赤シートというものを利用して、
覚えなければいけない「単語を隠して、その後答えを確認して」をずっと繰り返して勉強していました。
しかし、それだと何回も自分が試されているようで気がめいるし、まだきちんと内容を理解していない状態で答えを隠しているので、最終的に暗記出来るまでに時間がかかる事に気が付きました。
私はそれ以降方法を改め、暗記の際は、ひたすら「読む」事に専念しましした。何回も暗記が必要な単語が含まれている文章を読むことによって、単語だけではなく、その前後も含めた文章も頭の中に入れることにしました。
すると、単語だけではなく前後の言葉も頭に入るので、
暗記すべき言葉を引き出しやすくなり、暗記するスピートが格段に上がりました。
通学の行き帰りの電車の中、ベッドで寝転がりながら、本を読むように勉強します。
そして、すらすら読めるようになって、内容もきちんと確認しているなと判断出来たら、初めて赤シートでチェック、ノートに単語を書いて、試験前日に備えます。
この方法で、学生時代の暗記ものの教科は高い成績を
維持できました。
また、社会人になってからも、勉強法は変わらず、大変自分のためになっています。

"

良いサイトですよ♪