透析技術認定士

臨床工学技士で一番多い業務の透析業務に関してのスペシャリストとして、
透析技術認定士検定というものがあります。


これは、透析療法合同専門委員会によって認定され、
受験資格として実務経験が必要となってきます。


各職種によってすこし経験日数が違いますが、
その実務経験の日数を超えたうえで、認定講習会を受講することが
条件としてあります。


この講演会を受講した後試験を受け、合格すれば透析技術認定士となり
血液透析のスペシャリストとして働くこととなります。


やはり臨床工学技士として透析をマスターするというのは、
目標として立てやすいと思うし、その勉強によってさまざまな知識と
技術を取得できるため目指してもらいたい免許です。

良いサイトですよ♪