第1種ME技術実力検定

この第1種ME技術実力検定の受験資格は、第2種ME技術検定試験を
合格しているか、臨床工学技士国家試験を合格しているかのどちらかである


この検定は「ME機器・システムおよび関連機器の保守・安全管理を
中心に総合的に管理する専門知識・技術を有し、かつ他の医療従事者に対し、
ME機器・システムおよび関連機器に関する教育・指導ができる
資質を検定する」ことを目的とし、ME2種よりもっと専門知識を必要とし、
この検定に合格していれば就職やその他の面で優遇される。


この検定の受験資格は先ほど述べたようにME2種か
臨床工学技士の免許を取らなければ受けれられない。


臨床工学技士の人はいいのですが、医療機器メーカーの人たちは
臨床工学技士の免許を持っていなければ、ME2種を取らなければ
受けることができない。


ME1種を取りたくてもまずはME2種を取ってからという順番になります。
このME1種は大変難しく難関で合格者も少ない。


だからこそこの検定を取っている人は、専門知識を持ち合わせている
ということがわかるのです。検定を受ける際に行っておくと便利なのが、
この検定の講演会です。


講演会ではME1種を受けるにあたってさまざまなことを聞くことができ、
受験に大いに役立つことと思います。


ME2種を取って、余裕がある人はME1種を受けることをお勧めします。

良いサイトですよ♪