医療に必要な臨床工学技士

医療ガスといった酸素や麻酔のガスなどの安全管理も臨床工学技士は
考えなくてはならない。使用するガスのまちがえやガスの残量がないなど、
常に医療ガスが使える状態にしておかないと医療は成り立ちません。


臨床工学技士は、さりげないかもしれませんが常に前線でとても
重要な職を任されているのです。


他にも臨床ではさまざまな病気、疾患があり、それを理解した上で
最善の治療はどうすべきであるか、を判断するため多くの病気を学びます。
そのひとつひとつが大切であり、間違った解釈をすると
患者を苦しめることにも繋がります。


このように重い責任がのしかかるのですが、
最前線で他の医療スタッフと連携し、患者を助けていくという仕事は
何事にも代えられないものが見えてくるはずです。


臨床工学技士になるには、大きなハードルをいくつも越えなくては
なりませんが、自分の信じたものに向かってみてください。

良いサイトですよ♪