医用治療機器学

医用治療機器学とは、実際の病気を治療するときに使う機器を学びます。
最近では、おなかを開けずに内視鏡によって手術をすることが
増えてきました。


内視鏡のほうが術後、回復も早く体に大きな傷を残さなくて済みます。
なので注目されているのですが、この内視鏡も臨床工学技士では扱います
主にメンテナンスを中心としていて、使用後の内視鏡の洗浄などを
任されることがあります。


他にも電気メスやレーザーメスなど手術に使うような機器を多く取り扱い、
その保守点検が重要です。この科目で手術で大切な機器の点検の仕方や
保管の仕方などを学びます。

良いサイトですよ♪