医用電気工学

医用電気工学とは、大学の工学部みたいに難しい電気工学はしません。
ごく基本の部分からそれを応用したものをし少しやる程度です。


しかし、基本こそ大切でありこの電気工学をしっかり学ばなければ、
仕事しているときに苦労します。実際に聞いた話ですが、
今病院で働いている人の中には、機器の調子が少しでも悪くなれば
すぐにメーカーを呼んで直してもらうということもあるみたいです。


メーカーからか見たら、このくらいで呼ばれても、というような
簡単な不具合があるそうです。


これは結局電気工学をあまり理解していないことから
このようなことが起こると言います。基本ですが大事な電気工学を
しっかり理解していれば、どのようなことが起こっているはなどは
少しは推測できるものです。


なので電気工学はがんばって理解することをおすすめします。
医用電子工学とは、主にICチップやトランジスタと呼ばれる回路素子を
あつかう学問です。


身近ではブラウン管式のテレビなどは電子工学が使われております。
パソコンや携帯のなどさまざまなところで電子工学は応用されており、
医療の世界でも応用されています。


この電子工学なしでは、心電図や脳波形の測定などは到底不可能なのです。
このような測定に使われる増幅器と呼ばれるものも電子工学に入り、
臨床工学技士として大切な科目のひとつであります。

良いサイトですよ♪