臨床免疫学

臨床免疫学とは、人体にはさまざまな免疫があり、
それにより日々病原体から自分の体を守っています。


もともと体に備わっている免疫や一回特定の病気にかかると
その病気に対して次にかからないようにするといった免疫があります。
気づかないかもしれませんが、移植手術をした時も免疫が働きます。


移植によって入れられたものは、体の免疫からしたら異物として
扱われるので攻撃をします。それを抑えるために使うのが
たまに聞くかもしれませんが、免疫抑制剤です。


このようによくしたいと思っても自分の免疫が邪魔をしてくるという
こともあるのです。


他にも免疫は細かく分かれており、そのメカニズムを学ぶことによって、
病気に対してどのような対処を行えば適切かがわかってきます。
免疫を考えないで間違ったことをすると大変なことにつながる
可能性があるのです。

良いサイトですよ♪