除細動器の保守点検

心臓が痙攣した状態、心室細動と呼ばれる状態になれば、
血液を体に送り出すことができなくなります。この状態になると
すぐに対処しないと命を落とすことになります。


そこで、心室細動には除細動器と呼ばれる機械を使います。
心室細動にはこの除細動器を使うしかすべはなく重要な機器である。
この機械はコンデンサと呼ばれる部分に電気を溜めて一気に放電し、
心臓に大きな衝撃を与えます。


その衝撃により、心臓は一度停止した後、心臓自身のペースを作る働きで
正常な心拍に戻すというやり方で心室細動を治します。


現在では、一刻の猶予も許されないこの心室細動に対応すべく、
さまざまな場所でAED(自動体外式除細動器)と呼ばれる誰でも
使えるように改良を加えた除細動器が備え付けられています。


これにより空港、お寺、スーパーマーケットなどでも心室細動に
なった人を助けることができるようになりました。
このようにさまざまな場所で活躍している除細動器ですが、
臨床工学技士ではこの機械の保守点検が主な仕事です。


どんなことを行うかというと実際に動くがどうか作動点検を行う。
一連の操作を行い正しく動くかどうかを調べます。


他に作動した時の出力の波形やエネルギーを測定します。
波形が正常でなければ除細動はうまくいかず、出力エネルギーを
ダイヤルと同じだけ出ているかをみないと患者に大きなダメージを
与えることになる恐れがあるのです。


充電時間や自然に放電するまでの時間を計るのも大事なことです。
いざ使うときになって充電時間が長くては助けられる命も助けられなく
なるかもしれないのです。

良いサイトですよ♪