心電図モニタの安全管理

テレビや病院でよく見かける心電計、心電図モニタも臨床工学技士が使用法、
安全管理を行わなければならない。


現在の医療機器のなかでとても浸透しているこの心電計は、
心臓の動きを観察するのに使い、ICU、CCUなど重要な場所で
用いられることがあります。


またさまざまな医療機器と併用するので、そのときに影響が出ないか
などを考えなくてはなりません。実際の取り扱いについて注意しなくては
ならないのは、電極を貼り付ける時の方法、雑音の混入、記録方法などです。


電極は専用のペーストを使って張るのですが、
張る位置やペーストのつけ方で大きく結果が変わってきます。
雑音は特に、交流雑音と呼ばれるものが入るので、除去の方法として
アースを取るというのがあります。


このアース線の断線などのチェックも臨床工学技士の仕事です。
また記録紙の送る速さや校正の仕方など調整するのも、臨床工学技士で
あればできなくてはなりません

良いサイトですよ♪