体外循環装置の扱い

心臓に病気があり手術を行う場合心臓を一旦止めて行うのですが、
心臓を止めてしまっては全身に血液を送ることができません。
そこで使用するのが体外循環装置と呼ばれるものです。


この装置の中に止まった心臓の代わりをする人工心肺と呼ばれる
ものがあります。心臓手術の時はこれを使い行います。
ポンプによって送りだされた血液を、人工肺と呼ばれる部分で
酸素を加え全身に送り出します。


送りだされた血液は全身を回り、各細胞が死滅することなく
手術を進めることができるのです。実際の操作の流れは、人工心肺装置に
入れる充填液の量を、回路や人工肺の大きさによって決める。


今では小型化されており、この充填液は少なくなっている。
どれだけ血液を薄めるかや、血液が固まらないようにするための
薬品を体重などから計算する。


そして人工心肺の回路を組み立てて、充填液を入れ、気泡を取り除く。
患者から血液を取り出す脱血回路と患者へ血液を送る送血回路を組み立てます。
そのあと開始前の各設定、条件、数値を確認して、人工心肺開始となります。

良いサイトですよ♪