臨床工学技士は機械のスペシャリスト

患者の生命に直結した機械であるため、絶対的な信頼を求められ操作、
点検は専門的な知識を必要とするので、臨床工学技士が行います。


高気圧酸素療法とは、近頃スポーツなどで使われるようになってした
酸素カプセルに近いものであります。酸素カプセルよりはるかに高い気圧を
かけて行うのが高気圧酸素療法です。


主に血液中の酸素を増やす働きがあり、一酸化炭素中毒で運ばれた
患者などに使われます。


また違った観点から高気圧をかけることで、血管に空気が入り、
詰まってしまったときなどに使うと、圧により空気が圧縮され塞いでいた
空気を取り除くときにも使います。
これらの機械の操作、点検も臨床工学技士の仕事となります。


その他、病院で使われるさまざまな医療機器の保守、
点検を任されるようになってきています。

良いサイトですよ♪