手術にも関わる臨床工学技士

臨床工学技士が一番手術に関わってくると言っても過言ではない
くらいに関わるのが、心臓手術の時である。


心臓を手術するときは、心臓を止めて行うときがあり、
そのときに生命を維持するのに使うのが体外循環装置と呼ばれるものです。
代表的なものが人工心肺で機械によって心臓と肺の役割をしています。


それを操作するのが臨床工学技士であり、腕の見所であると言えます。
集中治療室では急変により命の危険性がある患者を治療するところですね。
特に脳や心臓の手術をした後は、集中治療室で呼吸や循環を
管理しなくてはなりません。


そこで使われるのが、人工呼吸器や心臓のペースメーカなどの生命維持装置です。
手術後の不安定な状態を助けるため、生命維持装置を使うのですが、
これがしっかり動かないことには話になりません。

良いサイトですよ♪