臨床工学技士の業務

臨床工学技士の日常の業務は医師や看護師などと一緒に
生命維持管理装置の操作を行ったり、いろいろな種類の医療機器の
保守、点検などです。


細かくみていくと、血液浄化業務、手術室や集中治療室業務、呼吸療法業務、
高気圧酸素療法業務、その他治療器などの保守点検である。
血液浄化業務は腎臓が悪くなり、老廃物がうまく処理できない人などに
血液透析療法などを行い、機械を通して老廃物を処理します。


今では病院のほかに、透析専門のクリニックが存在するくらい普及しており、
これらの施設で血液浄化装置を動かしたり、点検するのが臨床工学技士の
主な業務です。


最近では、透析以外にも、手術室や集中治療室などでの業務が増えてきています。
手術室では、大小さまざまな機械を駆使して進めていきます。


手術は医師が進めていきますが、それを支え安全に進めていくため
臨床工学技士が医療機器の操作、点検を行うのです。

良いサイトですよ♪